レーホン インダストリーズ社の役員は、ナー・レン・レン(NAH Ren Ren)、ナー・レン・ハウ(NAH Ren Howe)、ラウ・コック・テオン(LAU Kok Teong)、ウォン・カ・リョン(WONG Ka Leong)、フランシス・ホー(Francis HOR)となっています。


ナー・レン・レン(NAH Ren Ren)

ナー・レン・レン(NAH Ren Ren)は、1990 年にレーホン インダストリーズ社に入社しました。入社前にはオーストラリアの国立メルボルン技術大学(Royal Melbourne Institute of Technology)にてコンピュータ科学の専攻を修了しています。レーホン インダストリーズ社の会長として、短期ならびに長期に渡る社の方針を実行する責務を担っています。


ナー・レン・ハウ(NAH Ren Howe)

ナー・レン・ハウ(NAH Ren Howe)は、レーホン インダストリーズ社の代表取締役を務めています。1990年に留学先の日本で明治大学を卒業し、卒業後の5年間を日本で過ごしました。その間レーホン インダストリーズ社は、日本で金属スタンピング加工ツール製造を行なう一流各社との共同業務を進めていました。今日レーホン インダストリーズ社は日本でも一流の部品製造業者ならびに顧客と密な関係を保っています。レーホン インダストリーズ社の主な顧客としては、新光電気工業株式会社(リードフレーム)、マックス株式会社(ホッチキス)、SMK株式会社(コネクタ)が挙げられますが、各社とも日本をベースとしてマレーシアへの投資を行なっています。


ラウ・コック・テオン(LAU Kok Teong)

ラウ・コック・テオン(LAU Kok Teong)は、レーホン インダストリーズ社の専務理事を努めています。1952年生まれでレーホン インダストリーズ社の創始者の一員です。金属スタンピング工場のパフォーマンスの良し悪しは、社員の貢献に依るものだけではなくスタンピング加工ツールとプレス機の品質に依るところが大きいものです。精密スタンピング加工ツールの設計と製作におけるレーホン インダストリーズ社の評判を確固たるものにしたのはこの人物といえます。


ウォン・カ・リョン(WONG Ka Leong)

ウォン・カ・リョン(WONG Ka Leong)は、1990年にマレーシア技術大学(University of Technology Malaysia)を卒業し、ナー・レン・ハウ(NAH Ren Howe)と日本で4年ほど仕事を共にしました。技術部長として、スタンピング製造の現場の日常業務を監督しています。



フランシス・ホー(Francis HOR)

フランシス・ホー(Francis HOR)は、過去25年以上に渡ってオートメーション・システムに直接的または間接的な形で関わってきました。レーホン インダストリーズ社に1999年に入社後は、半導体・リードフレーム・コネクタ製造工場向けの精密オートメーション設計・製作のチームを率いてきました。





Copyright © REHON INDUSTRIES SDN. BHD. All rights reserved.